現物査定を受ける場合、タイヤの損

現物査定を受ける場合、タイヤの損

現物査定を受ける場合、タイヤの損傷や摩耗などで査定額の上乗せもできるので、痛んでいないタイヤであることが高い評価を得られるといえますが、もし古いタイヤだったとしてもあえてタイヤ交換はしなくていいでしょう。

タイヤ交換の費用の方が高くつくことになります。 (さらに…)